快適でお洒落なお部屋を演出!?カーテンの機能性などの豆知識を分かりやすくご紹介

当サイトではカーテンの機能性などの豆知識を分かりやすくご紹介しています。
室内環境を快適にしたり、お洒落さを演出するために役立つこのアイテムについての知識を深めることができるでしょう。
普段あまり意識されないかも知れませんが、実は季節を問わずに省エネに貢献しています。
今の時代に求められるインテリアアイテムといえます。
様々なタイプがあり、遮光タイプにもいくつも等級があるのが特徴です。
自分に合うものを選ぶのが大切になります。

快適でお洒落なお部屋を演出!?カーテンの機能性などの豆知識を分かりやすくご紹介

カーテンを活用してお洒落な演出をしたいけれど、機能性も重視したい人は多いのではないでしょうか。
カーテンには様々な生地で出来ているものがあり、色やデザインの種類も沢山あります。
カーテンの機能には遮光や遮熱、さらには防音・防炎などもあるのが特徴です。
レースでも、近年は目隠し効果の高いミラータイプや遮像タイプのカーテンがあり人気を集めています。
春に役立つものとしては、花粉が室内に入りにくいタイプのものもあります。

カーテンは室内空間のプライバシー保護の役割がある

皆さんはお部屋を借りた時、マイホームを購入した時に真っ先に引っ越し前に準備するものの中にカーテンを挙げられる方が多いのではないでしょうか。
カーテンそもそもの役割とは、外からの視線を遮ることができることから屋内のプライバシー保護につながります。
屋外から家の中が丸見えだと生活そのままを第三者から見られているような感覚もありますし、実際に防犯面でも屋内が丸見えなのは好ましくありません。
ただしずっと閉め切られた空間は光が差し込まないため室内が暗い印象になってしまいますので、窓の間にレースカーテンを取り付けられる方も多いでしょう。
レースカーテンは、プライバシー保護だけでなく、透けているので太陽光の光を取り入れることができますし、室内から屋外の様子を確認することができます。
最近では外が暗くなった夜に室内の照明がついていても外から見えにくい遮像タイプも販売されていますので、ぜひ活用されてみることをお勧めします。

室内からの眺望も可能で調光機能があるのがレースカーテン

自宅を購入した場合は基本的に窓の部分にカーテンを用意することになるかもしれませんが、どのような商品を設置するのかによって満足度に違いがあります。
普通の商品は光や視線などをすべて遮ることができるので、周囲の環境に左右されることなく安心して生活することが可能です。
しかし光や視線などを遮ることができる分だけ、自宅の中からも同じように外を見ることができないので、その点がデメリットになるかもしれません。
レースカーテンを選んで購入することができれば、調光機能が備わっているだけでなく、ある程度の展望を楽しむことも可能です。
レースになっているので若干透けた状態になっていますから、完全に視線などを遮ることはできませんが、光が当たっている場合は反射などで外から見ることができないと考えられます。
ただ曇り空や夜になっていて、室内の電気をつけている場合は、人の影などが外から見えてしまう可能性があるので注意が必要です。

厚手でヒダが多いカーテンは保温性機能がある

寒い冬の時期になるとどうしても窓際から冷気が入ってきてしまうことから、部屋の中が肌寒く感じてしまうものです。
この冷気を防ぐために使われるインテリアグッズこそが目隠し効果もあるカーテンです。
もし保温性機能のある商品を探しているなら、わざわざ保温性機能がついているものを選ばなくても厚手でヒダの多いカーテンを選ぶだけでも保温効果がアップします。
厚手の布で作られているものほど冷気を通しにくく断熱効果が高いです。
特に密度の高い厚手の素材ということでも、織生地がおすすめと言えるでしょう。
さらにカーテンにあるヒダには、たくさんの空気を貯めることができる構造になっています。
この空気層がいわゆるクッション的な役割を担うことから外からの冷たい空気を通しにくくする効果があります。
そのため、カーテンを選ぶときは、ヒダが多くあるものを選ぶことでその分空気層がいくつも作られるため冷気を通さず、室温を保つことができるのです。

遮音性にある程度効果が期待できる厚手のカーテン

遮音性を高めたいのであれば、ある程度効果が期待できる厚手のカーテンが狙い目となるのではないでしょうか。
カーテンに限らず生地は厚みが増すほど音を吸収しやすく、遮音性を発揮することになります。
窓に設置するカーテンは、外から伝わる音が小さくなりますから、交通量や人通りが多い通りに面する窓に最適です。
また室内の音も外に漏れにくくなるので、近隣との騒音トラブルが心配な場合にも適しています。
カーテンはあくまでも遮光を目的としているので、断熱性と共に遮音に期待できる効果は限られます。
しかしコストを抑えつつ対策を始めたい、僅かでも効果が確認できれば十分というニーズには応えられます。
レースと組み合わせる工夫の余地もありますし、二重窓と組み合わせればそれだけでもかなり音が伝わりにくくなるはずです。
本格的に対策をするなら壁を含めて大掛かりな工事をする必要があるので、コスト的にも大変ですが、室内で既存の設備に追加する形なら、心理的にもハードルが低いのではないでしょうか。